マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの歴史

 

マルチーズは小型犬の中でも人気の高い犬種ですね。

 

それもそのはず。

 

3000年以上前から可愛がられてきた犬種なのです。

 

他の犬種は猟犬や、人々の生活の役に立っていたことが多いのですが、マルチーズは愛玩犬として長い間親しまれてきました。

 

マルチーズという名前の由来は、地中海にあるマルタ島のマルタから名づけられたと言われています。

 

貿易で訪れる人が多かったため、船でマルタ島を訪れた人々にも可愛がられ、貿易先の国に広まったと言われています。

 

1800年代の初めに、マルタ島はイギリス領となりました。

 

この時、イギリスの女王や貴族の間でも、その可愛らしさが人気となり愛玩犬としてさらに知名度をあげたのです。

 

当時の肖像画などでもマルチーズを抱いて描かれている物が多いように、抱き犬としてとても人気があったようですね。

 

小さくて真っ白なフワフワの毛が貴婦人の隣にいるには、ぴったりだったのかもしれませんね。

 

1800年代後半にアメリカに渡ったマルチーズ達は、ライオンのタテガミのように頭の周りの毛を残したカットをしていたことから、ライオンドッグと呼ばれていたそうです。

 

ライオンとは似ても似つかない姿ですが、こんなエピソードもあったんですね。

 

貿易が盛ん国で生まれ、貿易商達と一緒に全世界に広まって、日本にもやってきました。