マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズは先住犬がいても飼えますか?

 

マルチーズは先住犬がいても飼う事はできます。

 

とても飼いやすいということもあって、マルチーズの多頭飼いをしている人も多いですね。

 

ただし、多頭飼いをする場合にはルールがあるので覚えておくといいでしょう。

 

まず何をするにも先住犬を優先します。

 

声をかける時、遊ぶ時、散歩の準備をする時、食事やおやつをあげる順番など、全てにおいて先住犬を優先します。

 

犬は群れで行動する習性があり、家族を一つの群れとみなします。

 

飼い主さんが群れのリーダーであり、犬にも順位つけをします。

 

リーダーが常に先住犬を優先することで、後輩犬は自然と先住犬は自分よりも上なのだと理解します。

 

先住犬もそれを自覚できるので、飼い主さんに対する信頼も深まるのです。

 

仔犬を産んだことがないメス犬が、後から来た仔犬を自分の子供のように可愛がるのは母性本能もありますが、自分が面倒を見てあげようという意識の表れではないかと勝手に思っています。

 

神経質な性格の犬の場合には、後輩犬と距離を置いている部分もありますが、時間の経過とともに上手くやっていけるようになるでしょう。

 

この場合も、先住犬は優先して敬う事が大切です。

 

飼い主さんが行動で示すことで、犬はそれを自然と学ぶことができます。

 

見た目の可愛さから、先に仔犬をかまっていまいがちですが、犬のルールに反しますのでやってはいけません。

 

飼い主さんが思っている以上に、犬は飼い主さんの行動をみていますから、注意しましょう。