マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの値段が安い場合と高い場合の違いは何ですか?

 

仔犬の値段の違いについてはいくつかの理由が考えられます。

 

まず値段が高い場合ですが、マルチーズは小型犬の中でもサイズの小さい犬ですね。

 

どういうわけか、小さければ小さいほど可愛いと思われる傾向にあるので、サイズが小さい小ぶりな仔犬は値段も高めに設定されることがあります。

 

小さければその分育てるのも手間がかかりますし、病弱なこともあるので、小さい子を希望するなら手間がかかることを覚えておきましょう。

 

オスとメスでも若干値段に差が出ることがあります。

 

メスは仔犬を産めることもあって、オスに比べると高めに設定されています。

 

オスよりも3万円〜5万円高いのが一般的ですね。

 

チャンピオン犬の血統、チャンピオン犬の直子ともなれば、かなり高額になります。

 

一度に頭数が多く生まれた場合などは、良い仔犬でも安めに売られることがあります。

 

最近、増えてきた店舗を持たないオンラインのペットショップは、店舗、スタッフなどの余計な費用がかからないこともあって、その分値段が安めに設定されています。

 

ただし、安いからいいというものではありません。

 

中には病気がちだったり、悪質なブリーダーが繁殖して、遺伝性の病気を持っている仔犬もいます。

 

決して安い価格ではないので、犬を飼う時には、仔犬に直接会いに行って仔犬の健康状態なども確認するといいでしょう。