マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの必要運動量

 

マルチーズは、18世紀のヨーロッパでは抱き犬としても大ブームとなったこともあり、いつも飼い主さんのそばに寄り添うようにしている犬です。

 

小型犬の中ではある程度の運動量が必要な犬種もいますが、マルチーズの場合は、それほど多く運動を必要としません。

 

散歩に行く場合でも、家の周りを一周するか、ちょっと足を延ばす程度で十分でしょう。

 

家の中で十分に遊べるスペースがあれば、ボールやおもちゃを使って一緒に遊ぶだけでも、運動量という面では十分クリアしているでしょう。

 

広いお庭があるなら、お庭で遊ばせてあげるのもいいでしょう。

 

ただし、ずっと家の中にこもってしまうと、人間社会で暮らしていくために必要な社会性が身に付きません。

 

きちんとしつけをすれば無駄吠えもなく、大人しいイイ子でいられるのですが、社会性が身についていない場合には、無駄吠えも多くなってしまいます。

 

無駄吠えの多い子の場合は、しつけをやり直すことも可能ですが、犬も一旦身に付いた習慣を変えるというのは至難の業です。

 

出来ることなら、多くの時間は必要ありませんが、10分程度の散歩は毎日連れて行ってあげましょう。

 

社会性というのは、散歩に行ったり、ドッグランンや、ドッグカフェなど多くの人が集まる場所に行き、人と会い、犬と会うだけでも自然と身について行くものです。

 

難しく考えず、とりあえず散歩に行ってあげましょう。