マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズが権勢症候群になった場合は、どうすればいいですか?

 

権勢症候群になった場合は、例え小型犬であっても時には日常生活にも支障が出ることもあるほど、切実な問題になる場合もあります。

 

権威症候群にしてしまった場合、悪いのは犬ではなく飼い主さんであることを自覚しましょう。

 

仔犬の頃に犬との接し方を間違えてしまうと、権威症候群になることがあります。

 

犬は群れで行動するという習性があります。

 

飼い主さんやその家族を一つの群れとみなしますが、群れには必ずリーダーが存在します。

 

本来であれば、飼い主さんが群れのリーダーになるので、犬はリーダーである飼い主さんを慕い、飼い主さんと犬との間に信頼関係が生まれます。

 

しかし、接し方を間違えてしまい、何でも犬の要求を呑んだり、犬の言う事を聞いていると、犬は家族という群れの中で自分が一番偉い、リーダーは自分なのだと勘違いをしてしまうのです。

 

群れのリーダーの言う事は絶対ですから、犬が自分をリーダーだと勘違いしてしまい、飼い主さんが自分の言う事を聞いてくれない時には、リーダーに逆らったとみなされます。

 

そして、リーダーである自分の言う事を聞かせようと戒めの意味で、威嚇したり噛みついたりという問題行動を起こすのです。

 

一度こうなってしまったら、それを修正するのとても難しい場合もあるので、まずはドッグトレーナーやしつけのプロに相談してみましょう。

 

犬との接し方をもう一度最初から勉強しなければいけません。

 

楽しいはずの犬との生活が、苦痛になってしまったらとても悲しいことです。

 

出るだけ早く問題を解決したほうがいい場合もあるので、犬との接し方、自分がリーダーとなり主導権を握ることを学んでほしいと思います。