マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの語源

 

犬種によっては名前の由来や語源についていくつかの説があったり、はっきりしない場合もありますが、マルチーズの語源はハッキリしています。

 

地中海のマルタ島が発祥の地とされていることから、マルタ島の名前から「マルチーズ」になったと言われています。

 

マルタ島は貿易の中継地点であったことから、多くの人々が訪れる島でした。

 

元々はアジア由来の小型犬だったそうですが、ファニキア人がマルタ島に持ち込んだアジア由来の小型犬が改良されて、マルチーズになったと言われています。

 

マルタ島で生まれたためにマルチーズという名前になりましたが、他の島で生まれていたら違う名前になっていたのかもしれませんね。

 

こう考えても名前の由来って、不思議だな〜って思います。

 

今でこそ、当たり前のようにマルチーズと呼ばれていますし、呼んでいますが、名前の由来や語源を知ると、今までとは違った見方ができるので、おもしろいですね。

 

自分の愛犬には、こんな由来や語源があったのだと知ることで、一層愛情が深まる気がします。

 

今は真っ白いシルクのようなツヤツヤとした被毛がトレードマークになっていますが、当時のマルチーズには白以外の色をした犬もいたとか。

 

貿易商達が船の中で飼っていたことから、世界中に広まったマルチーズですが、中には白以外の色をした毛色のマルチーズもいたかもしれませんね。