マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

室内の危険物をかたずける

 

室内は安全だと思っていても、意外なところに落とし穴があったりするので、室内とはいえ犬を迎え入れる前に、犬にとって危険になるものはすべて片づけておきましょう。

 

まずは床に物を置かない事を徹底しましょう。

 

仔犬は特に好奇心旺盛で、見るものすべてが新鮮で何でも確かめようとします。

 

口に入らないような大きなものならいいのですが、小さいものだと誤飲して喉に詰まらせたり、内臓を傷つけてしまう可能性もあります。

 

その子の性格にもよりますが、目に入るものにとりあえず近寄り、噛んだり舐めたりしてしまうので、犬が口にして危険なものは置いてはいけません。

 

人間にとって健康に良いとされるものでも、犬には毒になる食べ物もあるので、注意しましょう。

 

床だけとは限りません。

 

成長とともに体高も高くなりますが、小型犬だからちょっとくらい低い所に置いても大丈夫だと思ったら間違いです。

 

近くに足場になるようなものがあれば、美味しそうな匂いがすればジャンプしたり、何かを台にして飛び乗ることもできるからです。

 

人間の食べ物やおやつなども、犬には必要ない成分が含まれていて、肥満になったり、中毒を起こす危険性もあるのです。

 

犬の手の届くところに何かを置いてしまい、それを犬がいたずらしてしまった時、悪いのは犬ではなく、そういう状況を作った飼い主さんなのです。

 

犬の手の届くところには、物を置かないことを徹底しましょう。