マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

温度管理に注意する

 

マルチーズは室内で飼育する犬です。

 

室内にいるからといっても、四季を通じて室温も変化しますね。

 

小型犬は暑さにも寒さにも弱いので、室内の温度管理もしっかりと行いましょう。

 

特に注意したいのは夏です。

 

クーラーをかけているからと安心していても、熱中症にさせてしまう危険性もあるのです。

 

例えば、犬をサークルの中に入れてお留守番させていた時、クーラーをかけて出かけても、そこに直射日光が当たってしまうと、そこだけ高温になります。

 

犬は自分で暑いと感じたら、涼しい場所を探して移動するのですが、サークルの扉が閉まっている時は移動ができませんね。

 

直射日光が当たり続ければ当然、そこだけ温度も上昇しますので、熱中症にかかってしまうのです。

 

意外と多いことなので、室内だから大丈夫でしょう、ではなく、室内に居ても犬がいる場所の温度を考えてあげましょう。

 

サークルが置いてある場所に日が差し込むのなら、夏はカーテンを閉めておけば済むことですね。

 

冬は日当たりが良い場所は温かくていいのですが、夏とは状況が全く違うので注意しておきましょう。

 

冬は日中は暖房を付けていれば温かく過ごせますが、暖房を落として寝る夜には、急に冷え込み風邪をひかせてしまう事もあります。

 

犬のベッドにペット専用のヒーターを置いたり、毛布を入れて暖かくしてあげましょう。