マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

サークルやケージに慣れさせるために鳴いても出さない

 

仔犬が少しずつ新しい環境に慣れてくれば、余裕も出てくるので、そろそろサークルの外に出て遊びたいと思うようになるころです。

 

人がそばを通るたびに甘えて鳴いたり、飼い主さんの近くに行きたくて、鳴くようになります。

 

この時、仔犬が鳴くからといちいち相手にしてはいけません。

 

すでにしつけが始まっているという事を意識しておきましょう。

 

犬が鳴くと飼い主さんはすぐそれに応えるまたは、反応する。

 

これは一番やってはいけない事なんですね。

 

犬は自分が吠えたり甘えた声を出せば、飼い主さんがかまってくれると学習してしまうからです。

 

最初はクンクンと甘えた声を出していても、一度学習して飼い主さんが来てくれないと、さらに気を引こうとして吠えるようになってきます。

 

これが無駄吠えの原因や元になってしまうので、犬が鳴いてもすぐ反応してはいけません。

 

とはいっても、犬が鳴くのは必ず何か理由があります。

 

人間のように言葉を話せないので、鳴く事で何かを伝えようとするんですね。

 

いつもと明らかに違う鳴き方をした時には確認も必要ですが、甘えて鳴いている時は、かまわず無視しましょう。

 

サークルの外に出す時間は、犬が決めるのではなく飼い主さんが決めることで主導権を握れます。

 

しつけを始める前に、こういった毎日の生活のなかで自然と身につくこともあるのです。