マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの食事の与え方

 

マルチーズの食事は、成長とともに、年齢ごとに少しずつ内容や回数を変えて行きます。

 

まず、仔犬の時期は1日に3回〜4回もしくは、それ以上の場合もあります。

 

1歳を目安にして、それまでは成長期に当たるので、栄養価の高いパピー用のドッグフードを選びましょう。

 

歯がしっかりと生えそろうまでは、硬いままでは食べにくいので、ふやかして柔らかくしてあげましょう。

 

食欲は犬にも個体差がありますし、季節や体調によって変わるものなので、犬だから目の前に置けばガツガツ食べるとは限らないのです。

 

1回の食事の量を見極めるポイントとしては、ドッグフードのパッケージに書いてある目安を参考にしてみましょう。

 

1日に必要な量が書いてあるので、それを回数に分けて行けばいいのです。

 

多過ぎれば残しますし、食べ終わった後いつまでも食器をペロペロと舐めているようなら、量が少ないのかもしれませんので、少し増やしてみましょう。

 

夏の暑い時期には、犬も夏バテ気味になるので食欲が低下します。

 

あまり長い時間食べようとしない場合には、缶詰などを混ぜてみましょう。

 

冬は体力を消耗するので、自然と食欲も増加してきます。

 

太り過ぎない程度に、食事の量を少し増やしてあげましょう。

 

食べ過ぎた場合には、ウンチが柔らかくなるので、ウンチの状態でもベストな量を見極めることができます。