マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

時期によって食事の量を変える

 

例えば、私たち人間で考えてみましょう。

 

食欲の秋と言われるように、寒くなってくると自然と食欲が増してきますね。

 

これは寒い時期には、体温を維持したり寒さから身を守るために、たくさんのエネルギーが必要になるので、食欲が増加するのです。

 

逆に夏の暑い時期には、気温も高く蒸し暑くなるので、夏バテしてしまったりと、食欲も低下してきます。

 

あっさりとしたものだけしか受け付けない、なんてこともありますね。

 

犬もこれと全く同じなのです。

 

マルチーズは室内で飼う犬なので、1年中快適な室温で生活していますが、散歩に行ったり、外の外気は感じることができるので、気温の変化で食欲も変化するのです。

 

季節によって、犬の食事量を調節していきましょう。

 

我が家では多頭飼いをしていますが、中には食欲旺盛な食いしん坊な子もいます。

 

その子でさえ、夏場は食欲が落ちて、食べる量も減ってくるので自然と体重も変化します。

 

食の細い子であれば、なおさら食べなくなってしまうので、食欲が出るようにちょっと工夫してあげるのもいいですね。

 

ただし、あまり手をかけすぎると、美味しいものをもらえることが分かると、普通の食事を食べなくなってしまいます。

 

缶詰などを混ぜる場合には、ほんの少しの量で良いのです。

 

元の食事に戻してもすぐに食べない事がありますが、そこでまた手をかけてしまうともっと食べなくなるので、ある程度は無視して食べなければすぐに片づけてしまいましょう。

 

そのうちお腹が空いて、自分から食べるようになります。