マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズに人間の食べ物は与えない

 

マルチーズは、抱き犬として可愛がられてきたこともあり、常に飼い主さんに寄り添うようにしている、とても可愛い犬です。

 

密着した生活を送っていると、犬と人間の区別がつかなくなってしまう事がありますね。

 

でも、犬と人間は必要な栄養素が違うという事をしっかりと理解することも、犬のためになるので覚えておきましょう。

 

うっかりやってしまいがちなのが、人間の食べ物を与えてしまう事です。

 

私たち人間にとって、美味しくて栄養があって、健康に良いとされている食べ物でも、中には犬にとっては毒になるものがあります。

 

美味しい味付けも犬にとっては、濃すぎる味付けなのです。

 

1回に食べる量がごくわずかであっても、それが蓄積されれば、犬にとって毒になるものだった場合、最悪命を落とす可能性も否定できません。

 

犬にとって必要のない成分を過剰に摂取することで、お腹を壊したり、それが元で下痢をしたり、嘔吐を繰り返すこともあります。

 

それが続けば脱水症状を起こし、自分では手に負えない危険な状態になる可能性もあるのです。

 

食べさせても命に別状がないとしても、犬にとって何らかのリスクがある以上、人間の食べ物は与えないようにするのが一番です。

 

欲しがるからあげないと可哀そうと思うのは、飼い主さんの自分勝手な考えです。

 

最初からあげなければ、もらえると思わないので、特に負い目を感じることもないでしょう。

 

同じ時間におやつを食べたいのなら、犬には犬用のおやつを与えればいいのです。