マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

肥満にならないように注意する

 

肥満にさせないことは犬にとっても大切なことなので、体重管理と食事管理はしっかりと行いたいですね。

 

小型犬のマルチーズは、活発な一面もあるのですが、それほど長時間の散歩や、激しい運動は必要ではありません。

 

社会性を身につけるためにも、外に連れ出すことは大切なのですが、運動量は必要じゃないので、抱っこしたり、車で一緒に出かけるなんてことも多いかもしれませんね。

 

しかし、運動不足といわないまでも、ガッツリ食べてるのに、あまり運動をしなければ、犬も太ってきます。

 

食べる量にもよりますが、食事以外ではおやつの食べすぎも肥満の原因になるので、注意しましょう。

 

見た目の可愛さから、ついつい何かをあげてしまいたくなるのですが、肥満にすることで、様々な病気につながる可能性も高くなります。

 

糖尿病、関節、その他の病気など肥満が原因になる病気もいくつかあるので、注意したいですね。

 

大切なのは、その子の食欲を見極め、ある程度は適度に体を動かすことです。

 

カロリーの消費が少ないのに、たくさんのカロリーを摂取し続ければ太ってしまうのは当たり前です。

 

これは犬も人間も同じですね。

 

抱っこした時に体重が重くなったと感じたら、運動する時間を増やしたり、食事の量を変えたりしてみましょう。

 

犬の体重管理と食事管理も、飼い主さんの義務ですのでしっかりと管理しましょう。