マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

手づくりの場合の注意点

 

昔に比べると、ドッグフードの質はかなり良くなってきています。

 

年齢や体質、犬種に合った栄養バランスを考えて、原料や素材にこだわったものまで、実に色んなドッグフードを選べるようになってきています。

 

でも、中にはアレルギー体質の子もいますね。

 

アレルゲンとなる食物を一切食べることができない場合には、アレルゲンをすべて排除した手作りのドッグフードを食べさせることもあります。

 

アレルゲンを排除できるので、アレルギー症状も治まってとてもいいように思えるのですが、その反面どうしても栄養バランスが偏ってしまいます。

 

これは、手作りドッグフードのデメリットとも言えるでしょう。

 

しかし、深刻なアレルギーで悩む場合には、それ以外に方法がありませんね。

 

足りない栄養素を補う時には、犬用のサプリメントもあるので、そういうもので足りない栄養素を補う事もできます。

 

ただし、サプリメントの種類や、原料や成分はしっかりと調べておくことが大切です。

 

サプリメントはあくまでも栄養補助食品なので、サプリメントでは補えない場合もあります。

 

何を選べばいいかわからない時には、獣医さんに相談してみるのも良いかもしれません。

 

一時的に手作りのドッグフードを与えるのなら、サプリメントは必要ありませんが、長い間手作りのドッグフードを食べさせる場合には、どうしても栄養バランスが偏ります。

 

同じような悩みを持つ飼い主さんが集まるコミュニティーサイトで情報交換してみるのもいいですね。