マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

外に連れ出して社会化訓練をする

 

社会性というのは、犬が人間と一緒に暮らしていく上でとても大切なものなのです。

 

社会化訓練と聞くと、一見とても難しいことのように思えてしまいますね。

 

でも、それほど難しいことではないので大丈夫です。

 

仔犬の頃から、たくさん外に連れて行き、色んなところに一緒に出かけたり、毎日の散歩でも十分社会性は身に付きます。

 

つまり、たくさんの人や犬と出会い、家族以外の人や犬を見ても怖がらない、むやみに吠えないように慣れさせていけばいいのです。

 

人間も同じですが、犬も元々持っている性格というのがあります。

 

性格自体が変わることはありませんが、仔犬のころから外の世界を知っておくことで、必要以上に無駄な警戒心を持たずに済むといってもいいかもしれませんね。

 

飼い主さんや、その家族しか知らず、あまり外に行かないで大きくなってしまうと、知らない人や、他の犬を見た時に驚いたり、恐怖心を持ってしまう事があります。

 

これをなくすために、仔犬の頃から外の世界を知っておくことが必要になります。

 

毎日散歩に行って、他の誰かとすれ違ったり、時には可愛いねと声をかけられることもあるでしょう。

 

犬の散歩中に、他の犬の散歩中の飼い主さんと出会えば、自然と言葉を交わすようになるかもしれません。

 

言葉を交わさなくても、他人と他の犬をたくさん見て、触れ合う事で自然と社会性が身に付き、社会化訓練ができるのです。