マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

服従訓練のやり方

 

服従訓練と聞くと、なんだか力ずくで服従させるといった悪いイメージを持ってしまいがちですが、そういう意味ではありません。

 

服従という言い方があまり良いイメージを持たないことから、ホールドスティールや、マズルコントロールという言い方もされています。

 

さて、その方法についてですが、仔犬の頃から毎日の生活の中で自然と身につけて行くことができます。

 

まず最初のステップとして、仔犬の体を触りましょう。

 

犬の鼻や、手足の裏、尻尾や内腿など触られた時、最初は嫌がることもあるかもしれません。

 

話しかけながら少しずつ、体全体を触っていき、どこを触られても嫌がらないようにしておきます。

 

これをすることで、動物病院に行った時に診察の時、獣医さんや他の人に体を触られてもびっくりして噛みつくようなことがなくなります。

 

トリミングに出したいと思うのなら、これはとても大切になるので、必ず行いましょう。

 

次は犬を自分の前に座らせ、後ろに回り込み、マズルを持ち抱えるようにします。

 

背後に回ること、マズルをつかまれることは、犬が一番苦手とすることなのですが、飼い主さんがリーダーであり、主導権を握っていると理解させるのには効果的な方法です。

 

いきなり最初から上手くいかないこともありますが、力ずくでなくても仔犬なら軽く押さえる程度で十分コントロールできますので、焦らず少しずつ行ってみましょう。

 

散歩の時にリードを上手く操り、犬の好き勝手な方向に行かせず、飼い主さんの指示する方向に行くよう突然止まったり、方向転換するのも服従訓練の一つの方法です。