マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

アイコンタクトを使う

 

アイコンタクトを使うことは、犬のしつけの中でも基本中の基本といっていいかもしれませんね。

 

犬がどこにいても、何をしていても、飼い主さんが名前を呼んだら、飼い主さんに注目しコチラを向かせることができるようにしていきます。

 

上手にできたら思いきり褒めてあげましょう。

 

「名前を呼ばれる→飼い主さんの方を見る→褒めてもらえる」、という事がわかれば、アイコンタクトの基本が出来たことになります。

 

次は犬がおもちゃで遊んでいる時や、何かに夢中になっている時に名前を呼んでみましょう。

 

遊びに夢中になっている時は、名前を呼ばれてもすぐにコチラを見ないことの方が多いかもしれません。

 

この時何度も名前を連呼したり、叱らず犬がコチラを向くまで辛抱強く待ちましょう。

 

こうして、アイコンタクトのしつけをする状況を少しずつ変えて行きます。

 

最終的には、外でもできるようにしていきます。

 

タイミングを見計らい、ご褒美におやつをあげると覚えも早いのですが、おやつ欲しさに言う事を聞いている状態になってしまうと、おやつなしでは言う事を聞かなくなってしまいます。

 

毎回しつけのたびにおやつを与えてしまうと、肥満になりやすいので、最初からおやつを使わず、褒めることをご褒美にする方法がオススメです。

 

どうしても上手くいかない場合には、おやつを使う事もありますが、徐々におやつの量も減らして最終的にはおやつなしでもできるようにしていくといいですね。