マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

出来たらすぐに褒める

 

褒めることはある意味、しつけの基本にもなるので、必ず実践してください。

 

しつけをする時には、叱るより、出来た時に褒めて伸ばす方法の方が上手くいくからです。

 

これは私自身も経験していることなので、出来たらとにかく褒めてください。

 

まず、最初からできて当たり前と思わず、できないのが当たり前で、出来たら凄いことなんだと言うように思っておきましょう。

 

最初から期待し過ぎてしまうと、犬が上手にできなかった時、飼い主さんにもストレスがかかってしまい、その気持ちが犬にも伝わり、良い影響を与えないからです。

 

飼い主さんが嬉しいと感じる時、犬もその気持ちをくみ、嬉しくなるのです。

 

「しつけの号令に犬が従ってくれることは、凄いことなんだ!」とちょっと大げさに思ってみてください。

 

上手にできた時は、嬉しくなりますよね?

 

そこですかさず笑顔で褒めれば、犬にもその気持ちが伝わり、犬もこれをしたら良いことがあると学習します。

 

出来ない時には、叱らずこれが当たり前なんだと思いましょう。

 

気持ちの持ち方一つで、犬のしつけも楽しいものになります。

 

飼い主さんも犬も楽しみながら覚えて行けば、覚えも早くなりますし、それほど難しいことではないと感じるはずです。

 

犬には性格に個体差があるので、同じマルチーズでも短時間で覚える子もいれば、一つのことができるようになるまで、時間がかかる場合もあります。

 

ある程度、根気が必要になる場合もありますが、焦らずのんびり、飼い主さんと犬のペースでしつけをしていきましょう。