マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

しつけは短時間で行う

 

私たち人間もそうですが、集中力というのは何時間も続くものではありません。

 

犬も全く同じなんですね。

 

犬の集中力は個体差もありますが、持ってもせいぜい5分〜10分がいいところでしょう。

 

しつけを行う時も、この集中力が続く間に済ませることが大切なのです。

 

ダラダラと長く続けたところで、効果は全くありませんので、短時間で切り上げ、一度休憩をしましょう。

 

短時間のしつけを何度も繰り返して身につけて行くのです。

 

スワレやマテのしつけは、食事の時間や、おやつ、おもちゃで遊ぶ時に取り入れると意外と上手くいきます。

 

この時間にある程度できるようになれば、食べ物やおもちゃがなくても、できるようになってきます。

 

しかし、ただ号令をかけるだけでは、最初は犬も何のことを言っているのかわかりませんし、号令を出されてもどうすればいいのかわかりません。

 

オスワリのしつけをするなら、犬が自然と座るような状況を作ればいいのです。

 

食べ物を持ち、犬よりも高い位置にいれば犬は上を向くので、自然と座るようなります。

 

この時タイミングを見ながら、スワレ、オスワリと号令をかけて行きます。

 

つまり、犬が号令に対して行動しやすいように、飼い主さんがその状況を作ってあげることも必要なんですね。

 

スワレができるようになったら、少し前足を引き、フセの姿勢が取れるように導いてあげればいいのです。

 

もちろん、どのしつけを行う時も、短時間に何度も繰り返しましょう。