マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの甘噛みのしつけ

 

甘噛みのしつけは全ての犬種に言えることですが、とても大切なしつけなので、しっかりと行いましょう。

 

仔犬は目に入るものを確認するために、舐めたり噛んだりします。

 

飼い主さんの手や足、おもちゃも犬にとっては珍しいもので、とりあえず確認しようとします。

 

母犬であれば、仔犬が噛もうとしたり、甘噛みをした時には、同じようにして甘噛みでも噛まれたら痛いのだという事を教えて行きます。

 

人間がこれを教える時には、噛むのではなく甘噛みが行けないことだというのを理解させていきましょう。

 

甘えて甘噛みをすることもありますが、例え甘噛みでも、噛むというのがイケナイ事だと理解させないといけません。

 

甘噛みをする時は、大抵遊んでいる時や抱っこしている時だと思います。

 

この時叱るというよりも、甘噛みをしたら「痛いっ!」、「あー!」とちょっと大きめの声を出してみましょう。

 

飼い主さんが突然大きな声を出せばびっくりして、甘噛みをやめます。

 

これを繰り返し、甘噛みをすると、大きな声や音がする(嫌なことがある)と理解させればいいのです。

 

また、遊ぶ時に飼い主さんの手や足で遊ぶのではなく、おもちゃやガムを与えるといいですね。

 

時には噛むことがストレス解消につながることもあるので、ガムやおもちゃを与えるのは必要なことなのです。

 

甘噛みだから本気で噛んでいるわけじゃないからと、そのままにしておくと将来噛み癖がついてしまうので、甘噛みの時にきちんとイケナイという事を理解させましょう。