マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの夜鳴きのしつけ

 

夜鳴きは犬を飼った時、誰もが経験することと言っていいでしょう。

 

仔犬は新しい環境に慣れるまで、不安で仕方ないのです。

 

人間でいえばまだ赤ちゃんと同じなのですから、母犬や兄妹犬を思い出し寂しくて鳴くのは当然といっていいでしょう。

 

仔犬を家族として迎え入れた日から数日間は、夜鳴きをするものと覚悟しておきましょう。

 

中には、夜になってもお利口さんにしてくれて、鳴かずに寝てくれる子もいますが、大抵の場合は寂しくて夜鳴きをしてしまいます。

 

夜鳴きの対策としつけの方法は、「無視する」しかありません。

 

ちょっと可哀そうな気もしますが、夜鳴きに応えてかまってしまうと、この先ずっと要求吠え、無駄吠えの多い犬になってしまいます。

 

小さくか弱い仔犬でも、鳴いた時に飼い主さんがそれに応えてくれると理解する能力があります。

 

鳴くとわかっていても、放っておけないこともありますね。

 

夜寝る時には、1人でも寂しくないように、サークルを寝室に持っていくのもいいですね。

 

寒い時期には、ペット専用のヒーターを入れたりして暖かくしてあげれば、安心して眠ることができます。

 

まだ小さい仔犬なので、鳴き疲れてそのうち眠ってしまうでしょう。

 

時計の秒針の音が、母犬の心臓の音とよく似ていることから、時計を近くに置くと安心できるという説もあります。

 

夜鳴きもそのまま放っておくのではなく、犬が寂しい思いや不安にならないよう工夫してあげるといいですね。