マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズのマウンティングのしつけ

 

マウンティングには犬同士の上下関係を確認する意味もあるので、多頭飼いの場合にはむやみに叱ったりしない方がいい場合もあります。

 

先住犬が後から来た犬に対して、マウンティングをする時には、温かく見守りましょう。

 

先住犬が老犬だったり、性格が優しく臆病だったりする場合には、後から来た犬が、先住犬に対してマウンティングをすることがありますが、この場合はすぐにやめさせましょう。

 

犬が人に対して、マウンティングをした場合も、すぐにやめさせます。

 

飼い主さんにはしないのに、飼い主さんの子供に対してマウンティングをする場合も同じです。

 

飼い主さんの事は自分よりも上の立場と認めているが、その子供は自分より立場が下だと順位づけることがあります。

 

この時、大騒ぎして叱るのではなく、無言でやめさせ犬を遠ざけましょう。

 

サークルの中に入れてもいいですね。

 

大げさに反応したり、大騒ぎしてしまうと、犬は飼い主さんが喜んでいる、応援してくれていると勘違いしてしまいます。

 

マウンティングは犬の習性でもあるので、ある意味自然な行為な場合もあります。

 

ぬいぐるみなどにマウンティングをする場合には、温かく見守ってあげましょう。

 

人間に対して、先住犬に対して後から来た犬がマウンティングをする場合にだけ、やめさせるようにすればいいでしょう。