マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの拾い食いのしつけ

 

拾い食いをしてしまう時、飼育環境が原因になることもあります。

 

室内で生活していれば、床に何かが落ちていることもあるでしょう。

 

キッチンで調理中に、刻んでいる野菜が落ちてしまう事だってあります。

 

人間にとって、栄養価も高く健康に良いとされている食材でも、犬にとっては毒になるものもたくさんあります。

 

食材だけでなく、小さいボタンや乾電池、何かの欠片だった時、それが犬の口に入ってしまうサイズだったら、誤飲してしまう事もあるでしょう。

 

運よく排泄されればいいのですが、気管に詰まって窒息したり、内臓を傷つけたり、腸に詰まって腸閉そくを起こすことだって十分考えられますし、実際にそういう事故で死んでしまう犬もいます。

 

家の中でも、環境によっては危険になることがいっぱいあるんですね。

 

まずは、拾い食いができないように室内を整理整頓し、床や犬の手が届くところにはものを置かないことを徹底しましょう。

 

拾い食いができない環境ならば、拾い食いもできませんね。

 

食事はもちろんですが、おやつをあげる時にも、床に置いてあげるのではなく、食器に入れたり、ハウスの中で与えるなどしましょう。

 

室内ではきちんとできていても、散歩に行った時、道に何か落ちていたら、自然とそっちに興味が行きます。

 

リードを軽く引きながらイケナイと声をかけ、落ちている物に近づけないようにしましょう。

 

上手にできたら褒めてあげることも忘れずにしましょう。