マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズのブラッシングのやり方

 

マルチーズは純白の長い毛が特徴的な犬ですが、長いままキレイな状態で毛を保つのは相当手間がかかります。

 

ドッグショーに出るのならお手入れも当たり前になりますが、そうでない場合には、お手入れしやすい長さにカットすることも多いと思います。

 

定期的にトリミングに出すというのが一般的ですね。

 

この場合は、カット、シャンプーなどのお手入れは美容院でやってもらえますが、マルチーズの毛はとても柔らかくて繊細なので、毎日のブラッシングは欠かせません。

 

ブラッシング方法はとても簡単なので、毎日行いましょう。

 

全体的には、スリッカーブラシがあればほとんど間に合いますが、飼い主さんが使いやすいと思うブラシも何本か用意してもいいですね。

 

もちろん、普通のピンブラシや、コームでもいいのですが、毛玉になりやすいので、スリッカーブラシはあると便利です。

 

ブラシを持つ時は、どんなブラシでもそうですが、力を入れず軽く握りましょう。

 

鉛筆を持つような持ち方がオススメです。

 

カラダ全体を毛の流れにそって丁寧にとかします。

 

耳の後ろや脇、内腿などはどうしても毛玉になりやすいので、毛先の向きを変えながら丁寧にとかしていきましょう。

 

毛を長めにしている場合には、ブラシだけでとかすのではなく、根元に手を添え少しずつとかしていくと、もし毛が絡まっても強く引っ張らずに済むので犬も嫌がりません。