マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの耳掃除のやり方

 

耳掃除はやり方を間違えてしまうと、耳の病気(外耳炎や内耳炎)の原因になってしまう事もあるので、注意しましょう。

 

一般的には、綿棒を使うとやりやすいと思いがちですが、耳の奥を掃除する時には、耳垢を奥に押し込んでしまう事もあるので、綿棒を使う時は見えている部分にだけ使いましょう。

 

耳の病気もなく、常にキレイな状態ならば、清潔なコットンやガーゼに耳用のローションを付けたり、洗浄液を付け軽く拭き取ればOKです。

 

外耳炎や、耳ダニがいる場合には、一度病院に連れて行き、しっかりと治療をしてもらいましょう。

 

その時に耳掃除もしてもらえますし、正しい耳掃除の仕方も教えてもらえると思うので、覚えておくといいですね。

 

犬の体質にも個体差があるので、中にはまったく耳が汚れない子もいれば、耳垢がたまりやすい子もいます。

 

体質なども見極めながら、耳の汚れ具合を見て耳掃除をするといいですね。

 

耳の病気もなく健康ならば、毎日は必要ありませんが、1週間に1回か2回は耳の様子をチェックするようにしましょう。

 

我が家の犬が前に外耳炎になってしまった時以来、洗浄液で耳を掃除するようにしています。

 

耳の中に洗浄液をたらし軽く揉みます。

 

この時、耳垢が浮いてくるので、犬が頭をプルプルと振った時に、耳垢が飛び出してくるので、無理に綿棒で取り除く必要がないんですね。

 

耳の入り口の濡れた所と見える部分を清潔なコットンで拭き取れば、あとは揮発性の液体なので自然と乾いていきます。