マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの歯磨きのやり方

 

何でもそうですが、犬も仔犬の頃からの習慣にしておくことが大切です。

 

特に犬は口の中を触られるのを嫌がる習性があるので、歯磨きは仔犬の頃から少しずつ慣れさせていくことが大切になります。

 

成犬になってからでは、歯磨きどころか口を触ることもできない、なんてことになってしまうので、仔犬の頃から習慣にしておきましょう。

 

歯ブラシは犬用もの物ありますし、人間の子供用の毛先の小さいものでも代用できます。

 

歯磨き粉は付けずに、歯の表面の汚れを落とす感じで軽く磨く感じですね。

 

もしも歯ブラシを嫌がるようならば、清潔なガーゼや薄めのタオルを指に巻いて、歯の表面のヌメリを落とすだけでも良いでしょう。

 

犬は人間のように虫歯になることはほとんどありませんが、歯垢や食べカスをそのままにしておくと、やがて歯石となっていきます。

 

歯石が付いてしまうと擦っただけでは落ちてくれませんし、常に細菌が繁殖し不衛生な状態になるので、歯周病となり、口臭もきつくなってきます。

 

健康面でもいいことはないので、歯磨きの習慣を付けておくことが大切です。

 

どうしてもうまくできない時や、すでに大きくなっていて歯ブラシが難しい時には、歯磨き効果のあるおもちゃやガムを使うと良いでしょう。

 

ドッグフードの中には、歯石が付きにくいというものもあるので、ドッグフードを工夫することもできます。