マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの爪切りのやり方

 

マルチーズの場合には、爪が白い子が多いので、慎重に進めて行けば出血させてしまうといった失敗もないはずです。

 

黒い爪の場合は、血管の位置が見えないので、一度にたくさん切るのではなく、少しずつ角度を変えながら切っていくと良いでしょう。

 

白い爪の場合には、爪が透き通っていて血管が見えるので、血管の手前まで切っても大丈夫ですが、一度に切ろうとするとうっかりして切り過ぎてしまう事もあるので、白い爪の場合も、何度かに分けて切るといいでしょう。

 

犬の爪切りには、ギロチンタイプとニッパータイプがありますので、飼い主さんが使いやすいと思う方を選ぶと良いでしょう。

 

トリミングに出しているのなら、その時に爪切りもやってもらえると思うので、特に自分でやることはないかもしれませんね。

 

自宅で行う場合には、万が一の時に備えて止血剤を用意しておくと良いでしょう。

 

もしも出血してしまってもあわてずに、まずティッシュなどで爪を押さえましょう。

 

血があふれてくるのですが、あわてず止血剤を指に取り、爪に擦りつけるようにしていきます。

 

爪が伸びすぎてしまうと、血管も伸びてしまうので、ちょっと切っただけでも出血するようになってしまいます。

 

爪切りはこまめに行うといいですね。

 

爪を切った後、やすりで爪の先を平らにしておくと、体を引っ掻いてしまった時傷つけずに済みます。