マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの肛門腺絞りのやり方

 

犬の肛門の周りには、スカンクの臭い袋のようなものがあります。

 

これが肛門腺です。

 

肛門腺には肛門膿というとても臭い成分をためる袋があるのですが、ウンチをする時少しずつ排出されているのですが、小型犬の場合はなかなか上手に排泄することができません。

 

ウンチをした後にお尻を床に擦りつけるようなしぐさを見せたら、もしかしたら肛門腺がたまっているのかもしれません。

 

たまった肛門膿をそのままにしておくと、酷い場合には袋が破裂して肛門の周りに穴があいてしまう事もありますし、炎症すれば入院して治療をしたり、手術が必要になることもあります。

 

こうならないためにも、定期的に肛門腺を絞ってあげましょう。

 

目安としては、肛門の周りの4時と8時のあたりをつまみ、軽く絞りあげるようにするのですが、コツをつかむまではなかなか上手くいきません。

 

トリミングに出している場合には、その時に爪切りと肛門腺絞りもやってもらえるので、その時にお願いしておくといいですね。

 

動物病院でもやってもらえますので、自分で上手くできない場合には、どちらかにお願いしてもいいと思います。

 

自分でやる場合は、肛門膿はとても臭くて一度ついたら、なかなか臭いが取れません。

 

使い捨ての手袋をするか、シャンプー前に済ませるのがオススメです。