マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズの目の周りの手入れ

 

マルチーズのように白い毛の犬は、どうしても目ヤニや涙で白い毛がヤケてしまい、黄ばんだり、茶色く変色してしまいます。

 

これは白い毛の犬に限らず、白に近いベージュやクリーム系の色の毛色でも起こることなので、目の周りのお手入れはこまめに行いましょう。

 

白い犬の場合には、白い毛専用の拭き取りローションがあるので、そういうものを使うといいですね。

 

毎回顔を洗うのも大変ですし、洗いすぎもよくないので、常に清潔なコットンやガーゼで、軽くふく程度で良いでしょう。

 

1日に1回、専用のローションで目の周りを拭き取ってあげればいいでしょう。

 

目の周りの毛が長いと、目に入ったりして涙や目ヤニも出やすくなってしまいます。

 

当然涙ヤケや目ヤニでヤケてしまったようになりやすいので、目の周りの毛は短くカットしたり、目に入らないように結んであげるのもいいですね。

 

ホウ酸水で拭き取るのもいいとされていますね。

 

専用のローションが体質に合わないこともあるでしょう。

 

そういう場合には、ホウ酸水を作りそれで拭いてあげるのも良いでしょう。

 

即効性はなくても、徐々に脱色する効果があること、目を洗う時にもホウ酸水を使うので、目の周りのお手入れには最適といえるでしょう。

 

目の周り同様に口の周りの毛も汚れやすいので、食後には口の周りの毛もキレイに拭き取ってあげるといいですね。