マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと流涙症

 

犬の病気も人間の病気と同じように、病名でなんとなくその症状が想像できるものが多いですね。

 

「流涙症」は流れる涙と書いてあるように、常に涙が流れてしまう目の病気です。

 

犬の場合は、涙腺が上まぶたにあります。

 

涙は犬の目を保護したり、潤いを保つためにも必要なものです。

 

通常は、目頭の涙点という穴を通り、鼻に抜けて行きます。

 

鼻が湿っているのも涙の潤いのおかげなんですね。

 

ところが、涙管が病気の影響や、老化現象で目の周りの筋肉が衰えてくると涙が正常に流れず、目からあふれ出てきてしまいます。

 

これが流涙症という病気です。

 

常に涙があふれ出ている状態になるので、目の周りが湿ってしまいます。

 

泣きはらした翌日に目が腫れるのと同じように、まぶたが炎症を起こすこともあります。

 

目ヤニも多くなりますし、常に湿っている目の周りが炎症を起こしてしまう事もあります。

 

真っ白い毛がチャームポイントでもあるマルチーズですが、この状態が続くと目の周りの毛が涙ヤケを起こしてしまい、茶色く変色してしまいます。

 

流水症の原因が目や鼻の病気の場合は、その病気の治療をすれば症状も改善されることがあります。

 

涙管の詰まりが原因の場合には、細い管を使って涙管の通りをよくする方法もありますが、麻酔をしなければいけないこと、再発しやすいこともあり、あまり一般的ではありません。

 

目の周りの毛を短くカットしたり、常に清潔な状態を保ってあげましょう。