マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと老齢性白内障

 

老齢性白内障は目の病気であり、加齢が原因の白内障です。

 

白内障の症状としては、目の水晶体という部分が濁ってしまうため、見た目も白く濁ったように見えます。

 

マルチーズに限らず全ての犬種がかかる可能性のある病気です。

 

同じ白内障でも先天性(遺伝)による白内障もありますが、この場合は老化現象の一つといってもいいかもしれません。

 

目のピントを合わせる部分が濁ってしまうため、当然視界も悪くなり、視力も低下していきます。

 

失明してしまう可能性も高い病気です。

 

この病気は完治が難しいのですが、一つだけ救いとしては、進行がゆっくりであるというところでしょう。

 

急に見えなくなるわけではないので、犬なりにその状態に順応してくれるのです。

 

治療としては、進行を遅らせるために点眼薬や内服薬を使用していきます。

 

視力が残っていても、やはり見えにくいことには変わりないので、家の中で犬が快適に過ごせるように工夫してあげたいですね。

 

動きも以前と比べると鈍くなっていきますが、家具の配置などは体が覚えているはずです。

 

見えなくても動くことはできますので、なるべくものを置かないように、犬にストレスがかからないように配慮してあげましょう。

 

ある程度の年齢になってきたら、目も含めて定期的な健康診断をするといいですよ。