マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと眼瞼内反症

 

ちょっと難しい病名ですが、簡単に言ってしまえば逆さまつ毛のことです。

 

まぶたが内側に向いてしまった状態なので、本来上に向かっているはずのまつ毛が、目に刺さってしまいます。

 

常に目を刺激している状態なので、涙も出ますし目ヤニも増えてきます。

 

私たちも目にホコリやゴミが入ってしまったり、抜けたまつ毛が入り込んでしまった時、目に違和感や痛みを感じますね。

 

犬も全く同じように感じますし、違和感があるので常に前足で目をこすったり、床や家具にこすりつけて何とかしようとします。

 

眼瞼内反症は遺伝による先天性のものが多いのですが、目の病気や怪我で眼瞼内反症になる場合もあります。

 

このままの状態にはしておけませんので、まず原因となっているまつ毛を抜きます。

 

まぶたがどれだけ内側に向いているかにもよりますが、軽い場合はまつ毛を抜けば症状も改善され、腫れが引き、犬もそれほど目を気にしなくなります。

 

症状が酷い場合には、手術をすることもありますが、獣医医療も進化しており、脱毛に使うレーザー治療でまつ毛の永久脱毛をするところもあるようですね。

 

まつ毛は抜いてもいずれまた生えてきますので、繰り返すより永久脱毛も効果的かもしれません。

 

逆さまつ毛をそのままにしておくと、目をこすることで、角膜を傷つけてしまう事もあるので、何かおかしいと感じたら、すぐに病院に連れて行き診察をしてもらいましょう。