マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと膿皮症

 

いくつかの皮膚炎を総称して膿皮症と呼ぶこともあります。

 

主な原因は、細菌感染で皮膚が炎症を起こし化膿してしまいます。

 

仔犬だけに起こるもの、夏場だけのもの、老化で抵抗力が落ちてしまう事が原因になったりと、いくつかの原因が考えられます。

 

症状が軽い場合には、そのまま自然に症状が治まることもありますが、再発しやすい病気なので注意しておきたいですね。

 

赤いブツブツがあったり、ニキビのように膿をもっていたり、かさぶたがあったりと症状も色々です。

 

顔、脇や内腿、股のまわり、指の間に多く症状が出ます。

 

ブドウ球菌が原因になっていることが多いのですが、治療をする場合には菌に合わせた薬を選ぶことも大切です。

 

抗生物質を投与しながら、薬用シャンプーで全身を洗っていきます。

 

薬用シャンプーを使う場合には、全身になじませた後すぐに洗い流さずに、成分が浸透するまで数分おいてから洗うといいでしょう。

 

清潔にすることはとても大切なことですが、シャンプーのしすぎで、皮膚が乾燥してカサカサの状態になってしまうと、皮膚の免疫力も低下しますので、洗いすぎには注意してください。

 

栄養バランスが悪かったり、老化が原因になって皮膚がダメージを受けやすい状態の時にも、膿皮症になりやすいので、年齢に合わせた食事管理もしっかりと行いたいですね。