マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨というのは、膝のお皿のことを言います。

 

本来あるべき位置から、ずれてしまうことで脱臼した状態になります。

 

膝蓋骨脱臼にはグレードがあり、段階分けされています。

 

初期で症状が軽い場合は、無症状のこともあります。

 

しかし、病気なので治療せずに放置していれば、症状も進行しますし、歩くのも困難になってしまいます。

 

脱臼している脚だけを浮かして歩いたり、膝が曲がったままになってしまうこともあります。

 

小型犬に多い病気なので、マルチーズも注意したい病気です。

 

遺伝による先天性の場合もあれば、落下したり、高い所からジャンプしたり、フローリングの床で滑った時の衝撃で、膝蓋骨脱臼になることもあります。

 

痛みが強い場合には、痛み止めを飲ませ様子を見ます。

 

初期の段階なら経過を見守ることもありますが、症状が酷い場合には外科手術を行います。

 

膝蓋骨脱臼は予防が可能な病気です。

 

膝蓋骨脱臼は遺伝しますので、この病気を持っている犬は繁殖には向きません。

 

安易な繁殖を避けることで、膝蓋骨脱臼を持つ仔犬が生まれるのを防ぐことができますね。

 

また、室内の環境にも注意しましょう。

 

フローリングの床が原因で、この病気になることが多いので、フローリングの床の上にはマットやラグを敷いて、犬が滑らないように、踏ん張れるようにしてあげるといいですね。

 

床全体ではなく、一部に敷くだけでも効果があります。