マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと水頭症

 

水頭症は、まさにその通りで頭に水がたまってしまう病気です。

 

頭というよりも、厳密には脳室に脳髄液がたまってしまう状態です。

 

脳髄液が過剰に分泌されるので、脳室は膨張した状態になります。

 

主な原因は先天性(遺伝)によるものと、ウイルス感染や頭部への外傷といった後天性があります。

 

小型犬に多い病気なので、マルチーズを飼う時にもこういう病気があるという事を知っておくと良いでしょう。

 

主な症状としては、しつけをしてもなかなか覚えない、ボーっとしている時間が多い、やたらとよく眠る、歩くときにふらつくといった症状があります。

 

水頭症でも、症状が現れない場合もあります。

 

症状が酷い場合には、歩き方がおかしかったり、よく転ぶなどもありますね。

 

脳内が膨張している状態なので、頭が大きく見える場合もあります。

 

水頭症は治療が可能な病気ですが、予防が困難なので、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院で診察を受けてください。

 

治療としては、脳髄液の量を減らし、内服薬で脳圧を下げる治療を優先します。

 

脳髄液の量が多い場合には、腹腔内に脳髄液を流す手術を行う場合もあります。

 

遺伝することがわかっている以上、水頭症の病気を持つ家系の犬、病気を持っている犬は繁殖させない決断も必要ですね。