マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと僧帽弁閉鎖不全症

 

僧帽弁閉鎖不全症は心臓病の中の一つです。

 

心臓には右心室と左心室があります。

 

このちょうど中間には、血液の逆流を防ぐフタの役目をする僧帽弁という部分があります。

 

これが何らかの原因で、変形してしまったり、分厚くなってしまうため、フタの役目ができない状態になってしまう病気です。

 

残念ながらはっきりとした原因は解明されておらず、原因不明とされています。

 

遺伝であるとも考えられているので、この病気を持つ犬は繁殖には向かない事を理解しましょう。

 

主な症状は咳です。

 

疲れやすい、動きたがらないといった様子も見られます。

 

絞りだすような独特の苦しそうな咳をします。

 

進行すれば肺水腫を起こすこともあるので、何かがおかしいと感じたり、異常に咳をする場合にはすぐに病院で診てもらいましょう。

 

マルチーズの高齢犬に多い病気なので、注意したいですね。

 

今のところ、僧帽弁閉鎖不全症には治療法がありません。

 

治療をするなら、症状を緩和することと、進行を遅らせることしかできません。

 

心臓に問題を抱えている以上、激しい運動はできなくなります。

 

運動制限をするので、自然と体重管理も注意しなければいけません。

 

症状の進行具合によって、治療内容も変わってくるので、獣医師とよく相談して決めるのが良いと思います。

 

発見が早ければ、その分早めに対処できますね。

 

早期発見&早期治療のためにも定期的な健康診断をオススメします。