マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと三尖弁閉鎖不全

 

三尖弁閉鎖不全は、心臓の病気になります。

 

主な原因は遺伝による先天性の場合と、フィラリアが原因となり、虫が三尖弁に詰まることで、右心室と左心室の間にある僧帽弁という部分に異常をきたします。

 

マルチーズにも多い病気なので注意したいですね。

 

高齢になると発症しやすく、加齢が原因となることもあるので、ある程度の年齢になったら、定期的な健康診断をしておくといいでしょう。

 

心臓に何らかの病気がある場合、多くは咳が症状として現れます。

 

三尖弁閉鎖不全の代表的な症状も咳ですね。

 

肺の中に水がたまってしまう事で、呼吸が苦しくなるので、横向きで寝られなくなります。

 

うつ伏せの姿勢のままで寝るようになるというのも特徴です。

 

手足がむくんだり、食欲も低下してきますし、症状が酷くなれば意識を失ってしまう事もあります。

 

治療方法としては、血管拡張剤を使ったり、利尿剤を使い症状を緩和させます。

 

フィラリアが原因になっている場合には、まずフィラリアの駆除をします。

 

心臓の病気になってしまった場合は、完治が難しくほとんどの場合、症状を緩和させるか、症状の進行を遅らせることしかできません。

 

しかし、そのまま進行させてしまうよりも、少しでも進行を食い止めることができれば、深刻な状態に陥る可能性も低くなるでしょう。

 

この病気も早期発見&早期治療が大切になります。

 

薬を飲み始めたら一生飲み続けることになるので、根気よく付き合っていく病気です。