マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズとレッグ・ペルベス・パーセス病

 

レッグ・ペルベス・パーセス病はレッグと名がつくことから、足の病気であると想像できますね。

 

どういう病気かを簡単に説明しておきます。

 

大腿骨頭といって、太ももと骨盤がつながっている部分の血行が悪くなることで、大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。

 

今のところはっきりとした原因は解明されていませんが、遺伝的要因があると考えられるようになっています。

 

症状の出具合も、進行具合も個体差があるので、一概には言えませんが、急に症状が現れた場合には、突然歩けなくなってしまう事もあります。

 

その前には脚を痛がったり、ビッコを引くといったしぐさを見せることも多いので、早めに異常に気付いてあげたいですね。

 

主な治療としては、症状が軽い場合には鎮痛剤の投与をし、経過を見守ります。

 

しかし、根本的な治療法がないことと、病気は確実に進行していることもあって、最終的には手術を行う事になります。

 

大腿骨を支えている骨が壊死してしまい、それを切除するのですから、術後は根気よくリハビリが必要になります。

 

それに加えて、体重管理や食事管理も必要になってきます。

 

レッグ・ペルベス・パーセス病は、とても予防が難しい病気になりますので、ある程度の年齢に差し掛かったら犬にも健康診断を受けさせるといいでしょう。

 

早期発見が早期治療につながります。