マルチーズの飼い方・しつけ方・性格・寿命・値段

マルチーズと糖尿病

 

糖尿病は人間にもある病気ですが、犬の糖尿病も仕組みは全く同じです。

 

インスリン不足になるので、血中の糖度が多くなり様々な症状を引き起こします。

 

糖尿病の症状についてですが、異常なほど多く水を飲むので、オシッコの回数と量も増えます。

 

食欲も異常なほど増すのですが、その割には太ることがなく逆に痩せて行きます。

 

人間の糖尿病にもある症状の一つで、独特の口臭(アセトン臭)があるのも特徴的ですね。

 

嘔吐、食欲低下の症状が出てくると、さらに進行すれば昏睡状態になり命に関わる場合もあるので、軽視できない病気です。

 

原因は遺伝や肥満、その他の病気がきっかけになることもあります。

 

犬も親子で体質が似るので、糖尿病の犬は、繁殖させないことが大切です。

 

糖尿病の治療も、人間と同じように生涯に渡りインスリン注射をしていきます。

 

注射の回数や量は症状によっても変わってきますので、必ず獣医さんの指示を守りましょう。

 

状態が安定したからといって、飼い主さんの勝手な判断で注射をやめてしまうと命に関わることになるので、絶対に勝手な判断をしてはいけません。

 

また、体重管理や食事管理も必要になりますので、飼い主さんが協力して支えてあげることが大切です。

 

糖尿病は予防も可能な病気なので、日ごろから食事管理と体重管理、運動管理などしっかりと行いましょう。